生活費と返済原資を工面するために自転車操業状態にあり、破産をしたいという事例

現在の状況

私は20年ほど前、月18万円の収入で妻と2人暮らしをしていました。

妻もパートをしていたため生活は苦しかったものの、なんとか生活はできていました。

その当時の私の仕事は、店舗ごとのノルマがありました。

ノルマが達成できない月は従業員が商品を買い取りなどもしなくてはいけなく、多い月で20万円ほど買い取ることもありました。

収入に対して買い取りが多くなる月もあり、生活は苦しくなり借り入れが増えていきました。

当時私はストレス解消のためギャンブルをしており、借り入れたお金を使用することもありました。

現在は転職したため、ノルマのための買い取りはないものの、800万円ほどの借金だけが残り破産せざる得なくなりました。

相談内容

現在手取り15万円の給与で生活をしています。

転職のため仕事がなかった期間に借入が増えていき、返済の見通しが立たなくなりました。

生活費やギャンブルのために借り入れた800万円ほどの借金があります。

生活費と返済原資を工面するために、借入をしながら生活しており、自転車操業の状況です。

今後どうすればいいのか、弁護士の先生にご相談にのって頂きたいと思いますので、よろしくお願いします。


法律相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 新規予約専用フリーダイヤル24時間受付中!メールでのご予約はこちら
企業の法律相談
個人の法律相談