負債額が多く、破産予定の会社の連帯保証人になっているため、破産をしたいという事例

現在の状況

 私は会社役員をしており、代表取締役とともに会社設立時から勤務していました。

 設立当初こそ、経営状態は順調でしたが会社方針転換により、経営状況が悪化し給料の支払いも滞るようになりました。

 その頃は、預貯金でなんとか生活をしている状況でしたが、会社の経営状態は改善せず、貯金も底をつき、数年後に借入をしました。

 借入は生活費にも使いましたが、事業資金として会社への貸付けのためにも使いました。

 その後、会社への貸付けは300万円にまで至りましたが、経営状態はよくならず廃業しました。

 その後、アルバイトをし、毎月10万円返済する状況が続きましたが、会社廃業により連帯保証人だったための借金も膨らみ、破産をせざる得無くなりました

相談内容

 現在、再就職をすることができ定期的な収入を得ることができるようになりましたが、膨らんだ借金総額600万円の返済を続けることが難しくなりました

 会社の連帯保証人の借金に加え、生活費・学費のための借入もあるためです。

 連帯保証人である会社が、厳しい取り立てにあい、破産の申立をすることになりました。

 個人の負債額も多く、また会社の連帯保証人にもなっているため、今後どうすればいいのか、弁護士の先生にご相談にのって頂きたいと思いますので、よろしくお願いします。


法律相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 新規予約専用フリーダイヤル24時間受付中!メールでのご予約はこちら
企業の法律相談
個人の法律相談