婚姻費用について

婚姻費用とは?

 婚姻費用とは、日常の生活費、子供の養育費、交際費、娯楽費など婚姻から生じる全ての費用のことです。


 離婚前の別居中、離婚の協議中、離婚調停中、離婚訴訟中であったとしても、夫婦は同程度の生活を続けるためにお互いを扶養する義務があります。ですから、離婚が決着するまでは婚姻費用として生活費をお互いに分担しなければなりません。


 この婚姻費用は、同居している場合でも生活費がもらえない場合には請求できます。ですので、相手がなかなか離婚に応じない上に、婚姻費用を払ってくれない場合には、迅速に婚姻費用の請求を行いましょう。


どちらが、いくらの婚姻費用を負担するのか?

 どちらか一方の収入が少ない場合には、収入が多い側が少ない側の生活費を分担することになります。具体的な婚姻費用の額は、夫婦それぞれの年収、子どもの人数、年齢により算出することになります。


 具体的な標準額については、ご相談時に弁護士にお問い合わせ下さい。


過去の未払いの婚姻費用は請求できる?

 過去に遡って婚姻費用の分担を請求できるか、重要な問題といえます。


 最高裁の判断としては「裁判所は、当事者の一方が過去に負担した婚姻費用の精算のための給付をも含めて財産分与の額及び方法を定めることができるものと解するのが相当である」というものです。要するに過去の婚姻費用は、財産分与の手続きの中で請求できる場合があります。


婚姻費用の請求方法

 婚姻費用の分担額は夫婦の話し合いで決め、その話し合いに基づいて支払ってもらうことが望ましいですが、話し合いがまとまらなかったり、そもそも話し合いに応じてもらえない場合には管轄の家庭裁判所に「婚姻費用分担請求の調停」を申立てることになります。


 この調停で合意が成立すれば婚姻費用を支払ってもらうことになりますが、調停が成立しない場合には家庭裁判所の審判となり、審判により婚姻費用の分担額が定められることになります。


 もし、婚姻費用の請求を検討している場合には、お早めに当事務所までご相談ください。


離婚に関してさらに詳しく知りたい方はこちら↓↓

新規予約フリーダイヤル0120-043-211余白メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付)余白ご相談の流れはこちら西鉄福岡駅(天神)徒歩5分の好立地

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME
■弁護士紹介
■事務所紹介
■アクセス
■弁護士費用

福岡県弁護士会所属(登録番号29660) 弁護士 宮田卓弥 福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NMF天神南ビル10階

Copyright©2013弁護士法人たくみ法律事務所All Rights Reserved.