契約書

契約書

取引先から、

○契約書の作成を求められた、または、

○契約書に調印するよう求められた。

そんな場面は、企業取引をする上では日常的です。

 このような場合、

  • 「どんな契約書を作成するべきか?」
  • 「この契約で大丈夫だろうか?」
  • 「何か不利なことがあるのではないか?」
  • 「万が一の時大丈夫だろうか?」

という不安を感じておられることと思います。

また同時に、

  • 「弁護士に見てもらう価値はあるのだろうか?」
  • 「弁護士に見てもらう場合、費用はどれくらいだろうか?」
  • 「契約書作成を専門としている弁護士はいるのだろうか?」

という不安をお持ちかもしれません。

弁護士桑原・山口

このような場合、いきなり契約書の作成・チェックを依頼する必要はありません。

まずは、弁護士による法律相談を受けてみてください。

弁護士に相談していただければ、どういったきっかけで契約書を締結する運びとなったのか、従前の取引の実態等、事実関係の概略についてお聞かせいただき、大まかなリスク分析をさせていただきます。

また、話を聞く事で契約書を作成するにあたり、専門家のアドバイスの必要さがわかります。

その上で、ご要望に応じて本格的な契約書のチェックが必要かどうか、そしてそれに要するコストの目安についてもアドバイスさせていただきます。

もちろん、現在あなたが感じられている不安や心配も、法律相談の範囲で解決できる場合もあります。

契約書のリーガルチェック作成をご検討中の企業様へ

契約書のご相談は弁護士へ


法律相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 新規予約専用フリーダイヤル24時間受付中!メールでのご予約はこちら
企業の法律相談
個人の法律相談