社員の発明は企業のもの?~平成27特許法改正のポイント-職務発明制度の見直し-~

1.職務発明とは?

  本年7月3日、特許法の一部を改正する法律が成立しました。


 7月10日の交付から1年以内に施行される予定です。今回の法改正の大きなポイントは、「職務発明の帰属について」です。


 職務発明とは、従業員による会社の仕事の中で生まれた発明のことをいいます。


 現行法の仕組みでは、特許を受ける権利は、発明者(従業員)に帰属し、会社が特許出願をするに は、従業員から特許権を譲り受ける形となっており、そのうえで、特許を受ける権利を会社等に承継 させた場合には、その対価を請求することができる、という規定になっていました。


 ただ、その仕組みには、発明者が特許権を他社にも譲渡するようなことがあると、会社が特許を利用 できなくなってしまう、とある開発部署がチームとして発明をしても、特許を受ける権利は特定の個人のものとなってしまうなどの会社側の問題が指摘されていました。


2.今回改正点


 今回の改正では、会社が、職務発明規定等に基づいて職務発明について特許を受ける権利が会社に帰属する旨の意思表示をした場合には、発明が生まれた時から、特許権は会社のものとなることになります


 一方、規則で意思表示をしていない場合には、特許を受ける権利は発明者のものになり、従前と同様になります。


 そして、会社に帰属する場合及び従業員に帰属するが会社に承継させた場合に、会社から従業員へ支払われる対価については、ガイドラインで定めるものとし、そのガイドラインについては、改正特許法施行以降に公表される予定です


3.今回の改正のポイント


 今回の改正のポイントはそのままですが、①職務発明による特許を受ける権利を発明時から法人帰属させることができるようになったという点と、②従前より紛争となっていた従業員へのインセンティブ付与についてガイドラインという形でルール化されるという点です。


 前者に対していえば、今まで、複数社の従業員間での共同研究等で共同発明者がいる場合など、従業員の人事異動が発生した場合など、権利の承継手続が極めて複雑になっているという問題もありましたが、特許を受ける権利を会社に帰属させることで、スピーディーな知財戦略の実施が可能になると期待されています。


 また、上記の問題点として述べた、発明者たる従業員が、自分の職務発明を第三者に譲渡した場合には、二重譲渡問題が発生していましたが、今回の改正により使用者に帰属させることでこの問題を解決した形です。


4.権利の取得にかかる規定の例


 特許庁は、改正でいう権利の取得にかかる規定として適用される例と適用されない例を例示しています。


適用される例

 職務発明については、その発明が完成した時に、会社が発明者から特許を受ける権利を取得する。※ただし、会社がその権利を取得する必要がないと認めた時は、この限りでない。


適用されない例

 1.発明者は、職務発明を行った時は、会社にすみやかに届け出るものとする。

 2.会社が前項の職務発明にかかる権利を取得する旨を発明者に通知した時に、会社は当 該職務発明にかかる権利を取得する。


 今回の改正では、規定においてあらかじめ会社に特許を受ける権利を取得させることを定めなければならず、適用されない例はこれに該当しないという形になります。



コラム一覧

No. タイトル
New!! 改正特定商取引法が成立・改正点や今後の動向は?
32 企業経営と弁護士
31 中小企業のインターネット問題対策
30 定年退職後の労働条件の定め方
29 マイナンバー制度始動-トラブルに巻き込まれる前に対策を-
28 派遣期間の見直しと労働契約申込みみなし制度-労働者派遣法改正
27 労働法に関するセミナーを開催しました
26 懲戒処分―最高裁の考え方に変化?―
25 個人再生について~借金を減額しても家を残せる方法ってあるの??~
24 生命保険と自殺免責
23 事業再生ADRとは?会社更生手続との違い
22 悪質な自動車事故「厳罰化」法案が成立へ
21 福岡では、倒産事件は減少している!
20 怪我を経て…
19 弁護士特約加入のすすめ
18 企業の破産の原因
17 企業再生の方法
16 企業再生と弁護士
15 新しい明日を切り開く法的手段(企業再生)
14 良い弁護士の選び方(企業再生)
13 会社の再建方法
12 事業再生ADRとは
11 私的整理と法的整理
10 事業再生の現状
9 相談者の声(後遺障害)
8 逸失利益って?
7 交通事故被害を誰に相談するべきか
6 相談をしないと損をする!?(交通事故)
5 新しい明日を切り開く法的手段(交通事故)
4 良い弁護士の選び方(交通事故)
3 交通事故と弁護士
2 交通事故被害者の現状
1 交通事故の現状

新規予約フリーダイヤル0120-043-211余白メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付)余白ご相談の流れはこちら西鉄福岡駅(天神)徒歩5分の好立地

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME
■弁護士紹介
■事務所紹介
■アクセス
■弁護士費用

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談下さい。メールでのご予約はこちら夜間相談オフィシャルブログはこちら公式Facebook弁護士費用はこちら採用ページはこちら

対応エリア福岡県全域対応 事務所所在地

クリックすると地図が拡大されます

福岡交通事故被害者相談所 福岡後遺障害相談所頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
死亡事故のご遺族の方へ
弁護士にご相談下さい
弁護士法人たくみ法律事務所福岡で顧問弁護士をお探しの方

 
Google+

福岡県弁護士会所属(登録番号29660) 弁護士 宮田卓弥 福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NMF天神南ビル10階

Copyright©2013弁護士法人たくみ法律事務所All Rights Reserved.