家を残したいので個人再生が希望だが、生活が苦しいので破産も視野に入れ相談された事例

現在の状況

現在、銀行や消費者金融等から1000万円弱の借り入れを行っており、それとは別に住宅ローンが3000万円ほどございます。

また、車のローンも別途あり、月数万円を返済している状況です。

その他財産はございません。

なお、失業により、新しい職場に勤めることとなり、月収がこれまでの半分となる予定です。

妻は専業主婦で、子どもが3人おります。

現在、住宅ローン含め、毎月30万円弱返済している状況ですが、幸い滞納はございません。

相談内容

家を残したいという希望があり、個人再生の手続きを希望しております。

ただ、現実問題として、失業により給与が半分になることや、毎月の返済が住宅ローンを含め約30万円ある状況下でかなり家計を圧迫しております。

まだ子どもも小さいので、今後のことを考え、より良い手続きが踏めればと思っておりますので、破産についても合わせてお話をお伺い出来れば幸いです。

なお、車のローンに関しては、車は引き上げても構わないと考えております。

その道の専門家である弁護士の先生に、お話をお伺い出来ますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

※本人特定を防ぐため、数値等一部変更しております。

関連ページ

自己破産

自ら破産の申し立てをし、法律に基づいて、あなたの借金をゼロにします

  

新たな生活が出来るように立て直しを図る、国が法律で定めた救済手段です。

  

自己破産について詳しく見る

個人再生

個人再生(個人民事再生)とは、裁判所の監督のもとに、債務の支払を停止したうえで、債務の一部免除(最低弁済額100万円)や弁済条件(原則3年)などを盛り込んだ再生計画に基づき返済していく制度です。

  

個人再生について詳しく見る

法律相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 新規予約専用フリーダイヤル24時間受付中!メールでのご予約はこちら
企業の法律相談
個人の法律相談