会議室

破産を福岡の弁護士に無料で相談

新型コロナウイルス感染症対策実施中


自己破産で人生の再スタートを

こんなお悩みありませんか?

こんなお悩みありませんか?

一人で抱え込まず、まずはご相談ください

自己破産のメリット


自己破産の解決実績

解決事例①
解決事例②

一人で抱え込まず、まずはご相談ください

弁護士費用

弁護士報酬
19万円(税込20万9,000円)~(債権者数や財産の内容によって異なります)
追加着手金
10万円(税込11万円)~(管財事件になった場合のみ)
実費
3万円(税込3万3,000円)(管財事件になった場合、+23万円(税込25万3,000円)~)

※弁護士報酬の分割は5万円~となります。

お客様の声

お客様の声
お客様の声
お客様の声
お客様の声

3つのお約束

約束1

約束2

約束3

一人で抱え込まず、まずはご相談ください

よくあるご質問

ギャンブルや浪費が原因のときは借金を免除されない場合があると聞きましたが、本当ですか?

 パチンコや過度な浪費により借金を重ねた場合、法律上の免責不許可事由に当たり、借金を免除されない場合がございます。
 しかし、形式的には免責不許可事由に当たる場合でも裁判官が裁量により免責を認めることができる「裁量免責」という制度があります。
弊所にご依頼いただいた事案でも、実際に裁量免責が認められたケースが多くございます。

自己破産をすると、新たな借入れをすることができなくなりますか?

 自己破産など債務整理の手続を行うと、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になり、数年間、クレジットカードを作ったり住宅ローンを組んだりすることができなくなります。
 もっとも、自己破産をすれば借金が帳消しになり、返済に追われる生活から解放されますので、借金をしなくても働いた収入を生活費に充てることができます。
 手続から一定の期間が経過すればブラックリストから削除され、また新たな借入れをすることが可能になります。

自己破産をすると、家族や知人に知られてしまいますか?

 自己破産をすると「官報」と呼ばれる公的な出版物に氏名や住所が掲載され、手続を行ったことが公にされます。
 もっとも、金融会社の担当者など一部の人を除けば一般の方が官報を目にすることはほとんどありませんので、家族や知人に知られるおそれは極めて低いといえるでしょう。
 また、当事務所では、ご自宅への書類等の郵送をご希望されない方には、希望の連絡方法(メール等)にて柔軟に対応いたします。
 ただし、同居のご家族については収入に関する資料の提出が必要になることがあります。

自己破産をすると一定の職業に就くことができなくなると聞きましたが、本当ですか?

 自己破産の申立てをすると、弁護士、司法書士、税理士などの士業や、生命保険募集人、警備員など一定の職業に就くことができなくなります。
 とはいえ、職業制限の対象になるのは一部の職業に限られますし、無事に破産手続が終了すれば元の職業に就くことが可能になります。

経営者・家族の生活を弁護士が守ります

こんなお悩みありませんか?

  • 新型コロナの影響で売上が激減した
  • 借入金を返済できず督促を受けている
  • 取引先が経営破綻して支払いが滞っている
  • 倒産を検討しているが誰に相談すればいいかわからない
  • 従業員や自分の家族がどうなるか不安だ

一人で抱え込まず、まずはご相談ください

法人破産のメリット

  • 負債がなくなり、取り立てから開放される
  • 会社の税金が免除される
  • 代表者個人も破産することで人生を再スタートできる

法人破産の解決実績

一人で抱え込まず、まずはご相談ください

たくみ法律事務所の
3つのお約束

3つの約束
3つの約束

一人で抱え込まず、まずはご相談ください

よくあるご質問

会社の破産手続にはいくらかかりますか?

 事案によりますが、会社を清算するためには裁判所に支払う予納金や弁護士にお支払いいただく弁護士費用等がかかります。(法人破産の弁護士費用の詳細
 資金が完全にショートしてからではなく、できるだけ早い段階で弁護士にご相談いただくことをお勧めいたします。
 詳しくはお電話にてご相談ください。

会社が破産すると、従業員はどうなりますか?

破産すると会社は消滅しますので、原則として従業員は解雇されることになります。
 もっとも、従業員の賃金は法律上優先的に支払われる扱いとなっており、当面の生活費を保障するための公的な立替制度を利用できることもあります。
 従業員の皆様の不利益をできるだけ小さくできるよう、最大限の配慮をしながら手続を進めてまいります。(従業員への対応の詳細

会社が破産すると、代表者やその家族はどうなりますか?

 会社と代表者は別の法人格ですので、会社が倒産しても代表者には何ら影響しないのが原則です。
 ところが、中小企業の場合、会社名義の借り入れの際に代表者が連帯保証人となるケースが多くあります。
 そのような場合、会社の負債を代表者が負うことになるため、会社の手続と同時に代表者個人の破産手続も行うのが一般的です。(代表者の再生について
 その際、代表者が所有する持ち家などの財産は換価と配当の対象となりますが、生活をしていくために必要な最低限の財産を残すことはできますし、負債から解放されて新たな生活を始めることができます。

アクセス

  • 住所
  • 〒810-0004
    福岡市中央区渡辺通3丁目6-15 NMF天神南ビル10階
  • 電車で来られる方
  •  地下鉄七隈線天神南駅より徒歩3分・渡辺通駅より徒歩2分
     西鉄福岡駅(天神)より徒歩5分
  • バスで来られる方
  •  天神バスセンター・天神南バス停より徒歩5分
     渡辺通二丁目バス停より徒歩1分