債務整理 解決実績

他事務所で破産を勧められた依頼者が再生手続で住宅を残せた事例

お客様の声(2014.6.13掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


1.概要

 依頼者は20代、妻と同居する会社員男性の方でした。住宅ローンを補うために借り入れをして、負債が増えてしまいました。

 依頼者は、住宅を残すために個人再生手続を希望しておられましたが、以前、他の事務所に相談に行った際「破産しかない」と言われてしまったそうです。
 そこで、破産以外の手段をさがして、当事務所に相談に来られたそうです。


2.当事務所の活動

 個人再生手続で、住宅を残すには、月々住宅ローンの支払と、再生計画に基づく計画返済の支払ができる収入がなくてはなりません。

 そこで、当事務所では依頼者の収支を詳しく調査しました。その結果、ご本人と奥さんの努力もあり、節約すれば、月々住宅ローンの支払と再生計画に基づいた返済が可能であることがわかりました。


3.当事務所が関与した結果

 住宅を残す形での再生計画が認可され、現在も依頼者は自宅に住みながら、計画的な返済を続けています。


4.所感

 再生手続によって住宅を残すためには、住宅ローンの支払いに加え、再生計画に基づいた返済を行う必要があるので、月々の負担が大きいです。

 この方のケースでは、ご本人の努力と奥さんの努力により、住宅を残すことに成功しました。



個人再生の手続きをされた方の事例

お客様の声(2012.3.5掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


任意整理の手続きをされた方の事例

お客様の声(2012.3.12掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


住宅ローンのある夫婦の債務整理の事例

お客様の声(2012.5.8掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


 自宅をローンで購入していましたが、夫の転職に伴う収入減少により、夫婦の負債が増大し返済が難しい状況になってしまいました。

 債務整理の処理方針について、何度も協議を重ねた結果、ご主人は、自宅があるので個人再生により自宅を残し、出来る限り支出を減らすということで、妻は破産手続きを行うこととしました。

 福岡市内ではなかったので、郵送でのやりとりも多かったですが、ご家族には知られたくないということで、郵送、電話の時間等に工夫しました。

 結果的に、自宅を残しつつ、負債を大幅に減らす形で解決できました。なお、ご家族には内緒にしたいという希望でしたが、ご家族に知られることなく解決することができました。



不動産業を営んでいる会社及び連帯保証人となった代表者の破産申立の事例

お客様の声(2011.8.31掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


 当初、手形を融通していたことにより、取り立てに苦慮されていましたが、当事務所が受任後その処理手続きを行い、消費者金融等から過払い金の取戻し手続きを行うことにより破産費用を捻出することができました。

 当事務所が依頼者の事務所の明け渡し等の財産関係の処理を行った後に、申立てを行ったため、裁判所に収める額(予納金)を低減することができました。また管財人の回収により、一般の債権者への配当も実現できました。



アコムと新生フィナンシャルに過払い金返還請求の手続きをされた方の事例

お客様の声(2014.6.13掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


1.概要

 相談者は、アコム株式会社と新生フィナンシャル株式会社、合計2社から借り入れをされていた方でした。アコム株式会社とは、約26年間取引を継続し、新生フィナンシャル株式会社(取引当初は「レイク」)とは、約15年間取引を継続されていました。取引期間がとても長く、かつ利率も高かったことから、過払いがあることが明らかであったので、当事務所で受任となりました。


2.当事務所の活動

 受任後、すぐに過払い金の計算を行い、計算が終わるとすぐに訴訟を提起しました。計算の結果、アコム株式会社に対しては約870万円の請求、新生フィナンシャル株式会社に対しては約168万円の請求となりました(上記金額にさらに遅延損害金も請求しています)。


3.当事務所が関与した結果

 両社ともに、低い金額での和解案を提示してきましたが、当事務所は「あくまで満額の回収を目指す」という方針を貫き、和解を拒否しました。
 その結果、アコム株式会社とは裁判外で870万円の支払いの和解、新生フィナンシャル株式会社とは裁判所を交えて、195万円(遅延損害金含む)の支払いを認める決定を得ることができました。ほぼ満額での回収です。


4.所感

 この方は、とても長い期間返済を続けていたため、過払い金が大きくなっていました。額は大きいと裁判では相手方も争ってくるため、解決期間も長引くものですが、この方のケースでは相談・受任から和解による支払いまで、約5ヵ月の解決期間での処理ができました。



長期間消費者金融に支払いを継続していた方の任意整理の事例

お客様の声(2011.8.10掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


1.概要

 負債が50万円残っているが、年金暮らしであり支払いが難しいとの相談でしたが、聴取してみると昭和60年頃からの支払いであり、過払い金が発生していることが予測されました。


2.当事務所の活動

 受任後、取引履歴を取り寄せた後、利息制限法に基づき再計算したところ、過払い金の元金だけで約320万円が発生していることが判明しました。


3.当事務所が関与した結果

 高額であったため、訴訟提起による回収を試みたところ、当初は過払い金だけの和解案でしたが、争いとなっている同種の裁判例を元に準備書面を提出し、訴訟を継続させていったところ、5%の利息をつけた約500万円での回収が実現できました。


4.所感

 この方は、ご家族には内緒にしたいという希望でしたが、ご家族に手続きしていることを一切知られることなく解決できました。



消費者金融1社に過払い金返還請求の手続きをされた方の事例

お客様の声(2012.3.30掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声

 平成23年12月末に受任し、取引履歴を取り寄せ後、利息制限法に引き直した過払い元金が186万円になりました。
 
 当事務所は即座に訴訟を提起し、平成24年3月末に、支払日までの利息を付した258万円を獲得しました。



再生手続をとることで自動車を処分せずに債務整理した事例

お客様の声(2014.12.8掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


1.概要

 依頼者は30代の会社員男性の方でした。生活費の不足分を、消費者金融から少額の借り入れをするうちに、債務が大きくなっていきました。

 「可能な限り返していきたいが破産しかないのか」と考えて、当事務所に来られたそうです。


2.当事務所の活動

 この依頼者の方は、可能な限り返済をしたいという要望に加え、所有している自動車を手元に残したいという要望がありました。依頼者の自動車は、お父様との思い出の品だったとのことです。

 しかし、破産手続では、基本的に自動車は処分することとなります。そこで、自動車を残すため、当事務所では個人再生の手続を選択しました。


3.当事務所が関与した結果

 再生計画が認可され、依頼者は自動車を処分することなく、計画的な返済を続けています。


4.所感

 なんらかの財産を残したまま、債務整理をしたいという方は、意外に多くいらっしゃいます。その場合、法的手続としては個人再生手続を選択することになります。個人再生では、借り入れを圧縮して返済を続けていく必要があるので、債務総額があまりに過大でないこと、依頼者の方に継続的な収入があることが重要です。

 この依頼者の方は一定の収入があり、債務総額も再生計画上返済できる範囲でしたので、無事再生手続を採ることが出来ました。再生では、債務が膨らみすぎないうちに相談に来られることが重要です。



楽天KCに過払い金返還請求の手続きをされた方の事例

お客様の声(2012.6.15掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


 以前、当事務所で債務整理をされた方からの紹介で、楽天KCの過払い請求のご依頼でした。「当事務所が徹底的に回収を行う」との口コミだったとのことです。

 平成24年2月末に受任し、取引履歴を取り寄せた後、利息制限法に引き直した過払い元金が266万円になりました。

 即座に訴訟を提起し、金額の開きが大きく和解の余地がなかったため、平成24年6月頭に判決を得て、支払日までの利息を付した287万円を獲得することができました。


オリエントコーポレーションに過払い金返還請求の手続きをされた方の事例

お客様の声(2012.6.15掲載)

1.当事務所へご相談いただいたきっかけを教えてください。
お客様の声

2.当事務所のサービスや接客について感じたことをご記入下さい。
お客様の声


 司法書士事務所からの紹介で、新生銀行(旧レイク)及びオリエントコーポレーションへの過払い請求の依頼でした。

 平成22年11月に受任し、取引履歴を取り寄せた後、裁判を提起し、平成24年6月には利息を含め、新生銀行(旧レイク)では245万円、オリエントコーポレーションでは222万円を満額回収できました。

 なお、お客様からご指摘があった郵便物の封書については、直ぐに改善を致しました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

債務整理に関してさらに詳しく知りたい方はこちらから↓↓

 ●任意整理  ●過払い金返還  ●自己破産
 ●個人再生  ●当事務所の特徴債務整理  ●解決実績
 ●相談実績  ●債務整理の費用  

新規予約フリーダイヤル0120-043-211余白メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付)余白ご相談の流れはこちら西鉄福岡駅(天神)徒歩5分の好立地

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME
■弁護士紹介
■事務所紹介
■アクセス
■弁護士費用

福岡県弁護士会所属(登録番号29660) 弁護士 宮田卓弥 福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NMF天神南ビル10階

Copyright©2013弁護士法人たくみ法律事務所All Rights Reserved.