当事務所の特徴(債務整理)

事務所選び3つのポイント

  1. 140万円以上の借金のある方は、司法書士ではなく弁護士に相談を
  2. 東京や大阪支店展開をしている事務所ではなく地元福岡の事務所へ
  3. 親切で親身に対応し、借金問題に詳しい弁護士へ相談を

弁護士と司法書士のどっちに頼んだらいいの?違いは?

悩み

 弁護士と司法書士のどちらに債務整理を頼んでよいか?とお悩みの方が多いのではないのでしょうか。

 代理人には弁護士しかなることができません!借金の金額が140万円以上の場合は、弁護士しか対応することができません

 自己破産・個人再生の場合には、煩雑な手続きを弁護士に依頼した場合は全て任せることができます(弁護士が代行します)。

 弁護士に頼まなかった結果、大変な手続きを自分でしなければならないという場合もありますので、お気をつけください。

 弁護士と司法書士の大きな違いは以下のような2つがあげられます。

(1)司法書士は代理人になれない

 まず一つ目は、司法書士は原則として裁判所の手続きの「代理人」とはなれないということです。代理とは、あなたが行わなければならないことを文字通り代わりに業務遂行することを言います。

 自己破産や民事再生といった手続きでは、裁判所への申立を行う必要がありますが、司法書士には代理権が無いため、書類作成のみを担当しますので、裁判所との煩雑なやり取り、裁判官との面談を全てご自分で対応しなければなりません。弁護士の場合は、全ての事柄を代理させて頂きますので、依頼者の方の負担は最小限となります。

(2)140万円以上の借金に対応できるのは弁護士のみ

 二つ目は、借金の金額が140万円以上の場合、法律上、司法書士には訴訟を代理して行う権限がありません。借金の金額が140万円以上になる場合には、弁護士へ依頼することが確実だといえます。

 借金の整理の方法によって注意する点が異なります。詳細は下記をご覧下さい。

任意整理の場合

 借金の総額が140万円以下で任意整理を依頼する場合や140万円以下の過払い金の回収を依頼する場合には、司法書士にも交渉権が認められています。ただし、140万円以下か否かは債権者毎ではなく、すべての債権者の総債権額で判断されます。

借入が複数あり、借金の総額が140万円を超える場合や、過払い金と借金の総額が140万円を超える場合は、司法書士に交渉権はありません

自己破産・民事再生の場合

 自己破産や民事再生は、地方裁判所に申立を行う必要があることから、司法書士には訴訟代理権がなく、司法書士は書類の作成のみを担当します。つまり、司法書士に依頼した場合には、あくまで本人が申し立てたことになりますので、裁判所との複雑なやりとりを要求されます

 以上、司法書士に依頼するか弁護士に依頼するか迷われている方は、ご参考にしてください。

実際に会って親身に対応してくれる地元事務所へ相談しましょう

 債務整理は人生に大きく影響する事柄です。実際に会わないと伝わらない部分も多くあります。必ず会って親身に対応してくれる事務所を選びましょう。

 最近では東京の事務所が全国へTVCMを行っていたり、出張相談ということを謳い地元に事務所を構えていない事務所の広告が入ることが多々あると思います。債務整理は依頼者の人生に大きく影響する事柄ですので、相談する場合には、実際に会って話を聞いてもらう方が、双方に誤解が無く納得のいく結果を得やすいといえます

 また、過去に債務整理に関しては、弁護士が依頼者(相談者)との面談をしないことから、依頼者との間でトラブルが多々発生しました。

 そこで、日本弁護士連合会は、弁護士が依頼者と直接面談を行い、債務の内容、生活状況等を聴き取り、債務者の現状を十分に把握した上で事件処理についての見通し等を説明すべき(直接面談の原則)とするなどを内容とする「債務整理事件処理に関する指針」を発表しました。福岡にお住まいの方は、実際に会って親身に対応してくれてかつ、面談に便利な地元福岡の弁護士に依頼するのが確実です。

親切で親身に対応し、借金問題に詳しい事務所へ相談しましょう

 支店展開をしているような事務所は、一人の依頼者の方に割く時間には限りがあり、大量の件数を扱うため、対応が遅れがちです。当事務所は、抱える案件数に制限を設けて、親身で素早い対応を常に実現できるようにしております。借金の整理は容易な事柄でも、簡単な事柄でもありません。人生に関わる大きな決断ですので、不安を抱くのは当然です。

 親身にじっくり相談を聞くことで最適なご提案をさせて頂きます。

 また、借金返済に疲れ、不安を抱えていますので、親切に事情を聞き取り、適切な対応をしてくれる事務所を選ぶべきです。当事務所には、福岡県弁護士会において、消費者問題を扱う消費者委員会及び倒産問題を扱う委員会に所属している弁護士も在籍しており、借金問題を多く扱い、この問題に詳しいという自負もあります。

 さらには、相談者の多くは、「家族に内緒にしたい」という要望も多く、電話時間を限定したり、無地の封筒で郵送する等できる限り、ご希望に沿う形で行っています。

 事務所選びに迷われたら、是非、当事務所をご選択ください。弁護士法人たくみ法律事務所は、あなたの力になる自信があります。


法律相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 新規予約専用フリーダイヤル24時間受付中!メールでのご予約はこちら
企業の法律相談
個人の法律相談