契約書作成の必要性

 企業取引においては、様々な場面で日常的に契約が交わされています。ところが、実際の所、契約の際に契約書が作成されるということが無いことも多いと思います。


  • 「うちの業界は信用取引が普通だから。」
  • 「今まで特に問題が起きていないから、契約書なんて作らなくても大丈夫。」
  • 「契約書の作成をすると、取引相手に不信感を抱いていると思われるので作らない。」

という理由で作らないことも少なくないのではないのでしょうか。


 確かに、契約は当事者の合意だけで成立するので、口約束でも契約は成立しますが、昨今では民法改正に伴い、保証契約については、契約書を作成しないと効力が生じませんし、法律で特別に、契約の際に契約書等の作成が必要とされる場合がありますので、注意が必要です。(割賦販売法4条、宅地建物取引業37条、農地法25条1項、建設業法19条など)。


 例年、弁護士事務所には、契約書を作成しなかったことによるトラブルの相談が数多く寄せられています。ただ、契約の後でトラブルが起きて、「こういう内容の契約だったんです!」と叫んでみても、それを裏付ける重要な証拠である契約書が存在しないのであれば、事実を明確にすることはできません。最悪、裁判になっても、事実に反して負けてしまうこともありえます。


 そのため、「今までは大丈夫だから今後もしない。」ではなく、「今後なにが起こるかわからないから、リスクをヘッジするために」契約書を作る必要があるのです。また、事前に契約書が作成されていれば、何か問題が起きても、その契約書の条項にしたがって処理すればよく、トラブルの回避によって、取引相手との円満な関係が維持できることもあります。


 つまり、取引相手のことを思って契約書を作成しないということは、一見、誠実なように見えますが、実際にはむしろ不誠実といえる場合があるのです。契約書の作成は、むしろ取引相手との友好な関係を継続するためにも必要と言えるのです。


福岡で顧問弁護士をお探しの方

福岡で顧問弁護士をお探しの方はこちら


契約書いついてもっと知りたい方

 ●契約書の作成  ●契約書作成の必要性
 ●契約書作成のポイント  ●費用

顧問契約のご案内

 たくみ法律事務所では、契約書、労務管理でお困りの方やメールや電話でも気軽に相談できる弁護士をお探しの方に、顧問契約をおすすめしております。


 顧問契約のメリットや詳しい料金に就きましては、こちらをご覧ください。


 また、『顧問契約のご案内』のパンフレットをご準備しております。


 パンフレットには、実際に契約いただいた場合の業務内容や顧問契約のメリット、詳しい料金などを掲載しておりますので、お気軽にお電話またはメールにてご請求ください。


新規予約フリーダイヤル0120-043-211余白メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付)余白ご相談の流れはこちら西鉄福岡駅(天神)徒歩5分の好立地

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME
■弁護士紹介
■事務所紹介
■アクセス
■弁護士費用

福岡県弁護士会所属(登録番号29660) 弁護士 宮田卓弥 福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NMF天神南ビル10階

Copyright©2013弁護士法人たくみ法律事務所All Rights Reserved.