家族のためにも、家を残したいので、個人再生をしたいという事例

現在の状況

事業をやっていた時の負債額が2,500万円、住宅ローンが3,000万円残っています。

月に20万円程を何とか支払っていましたが、事業が立ち行かず、返済も難しくなったことから、司法書士の先生へお願いして返済をストップしてもらいました。

住宅ローンについては、延滞なく、毎月8万円を支払っています。

住宅ローンの返済+その他返済7万円以内であれば、お支払できると思います。

その他車等資産になるものは保有していません。

相談内容

家を残したいので、個人再生を希望しています。

司法書士の先生に返済を止めてもらいましたが、是非とも弁護士の先生に手続きをお願いしたいと思い、相談を希望しています。

現在は事業をやめて、知り合いの仕事を手伝っています。

給与は、手取りで月に23万円程になりますので、何とか個人再生できないでしょうか。

共働きの妻や子供のことを思い、家を残したまま生活を立て直したいと思っています。

なるべく早く相談できる事務所を探しています。

よろしくお願い致します。

個人再生

個人再生(個人民事再生)とは、裁判所の監督のもとに、債務の支払を停止したうえで、債務の一部免除(最低弁済額100万円)や弁済条件(原則3年)などを盛り込んだ再生計画に基づき返済していく制度です。

  

個人再生について詳しく見る


法律相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 新規予約専用フリーダイヤル24時間受付中!メールでのご予約はこちら
企業の法律相談
個人の法律相談