奨学金があるため債務整理を躊躇していたが今後を考え相談された事例

現在の状況

現在、銀行や消費者金融、奨学金等から500万円ほど借り入れを行っております。

勤め先をもうすぐ退職予定で、次の勤務先は決まっておりません。

3年以上勤めておりますので、退職金は入る予定です。

実家暮らしで、両親と一緒に住んでおり、両親は無職で介護が必要です。

相談内容

債権の中に奨学金があり、自身の親が保証人になっていることから、債務整理の手続きに踏み込めずにおりました

ですが、日々の生活が債務で圧迫している状況に加え、親の介護が始まりました。

今後のことを考えると一度借金を整理した方がよいかもしれないと考えを改め、今回債務整理の手続きを検討するに至りました。

福岡県に在住の為、福岡県の法律事務所を探していたところ、貴所のホームページを見つけました。

自己破産個人再生とで悩んでおりましたが、自分の就職先が決まっておらず、今後両親の介護でお金がかかることを考えると、現状の債務を圧縮したとしても返済を続けるのは難しく思い、破産を希望しております。

車を持っているのですが、ローンはありません。

車が残せるのかどうかも併せてご相談させていただきたいと思います。

法律に関しては素人なもので、自分が心配症なこともあり、専門家である弁護士の先生にご相談に乗って頂けますと大変ありがたく、心強いです。

弁護士費用は退職金でまかなえたらと考えております。

お力添えいただけますと幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

自己破産

自ら破産の申し立てをし、法律に基づいて、あなたの借金をゼロにします

新たな生活が出来るように立て直しを図る、国が法律で定めた救済手段です。

自己破産について詳しく見る

個人再生

個人再生(個人民事再生)とは、裁判所の監督のもとに、債務の支払を停止したうえで、債務の一部免除(最低弁済額100万円)や弁済条件(原則3年)などを盛り込んだ再生計画に基づき返済していく制度です。

個人再生について詳しく見る


法律相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい 新規予約専用フリーダイヤル24時間受付中!メールでのご予約はこちら
企業の法律相談
個人の法律相談