• HOME
  • コラム
  • 事業再生ADRとは?会社更生手続との違い

事業再生ADRとは?会社更生手続との違い

 当事務所の代表弁護士宮田が、事業再生ADRについての取材を受け、Yahoo!ニュースに配信されました。


 Yahoo!ニュース『経営危機の「エドウィン」が申請した「事業再生ADR」ってなんだ?』

 ※Yahoo!ニュースでの配信は終了いたしました。詳細はこちらにてご覧ください。


1.事業再生の手法  事業再生ADRはハイブリッド型

 事業再生の手続は大きく分けると、私的整理法的整理に分かれます。
 私的整理とは、債務者と債権者の合意によって支払いを停止してもらったり、債務を一部免除してもらって、事業再生を図る手法です。債権者との合意によるので、事業再生に入っていることが公にならないほか、支払猶予等をしてもらう債権者を債務者自身で選べるために、業務に欠かせない取引先を巻き込まずにすみ、取引を継続できることが大きな強みです。
 対して、法的整理とは、裁判所が主導する再生手続きです。裁判所が、すべての債権者を巻き込んで、行うため、手続が公になり取引先も手続に参加することになりますが、裁判所が主導するため、公平性や信頼性があります。
 
 事業再生ADRは、国が認定した専門機関が債務者と債権者の間に入って行う私的整理です。
 専門機関が手続を主導する点では、法的整理に似ていますが、私的整理なので、対象債権者を選んで行うことができます。(対象債権者を金融機関に限定すれば、取引先とは取引を継続できる)。
 事業再生ADRは、私的整理と法的整理のメリットの融合を狙ったハイブリッド型の事業再生なのです。

   私的整理 事業再生ADR 法的整理
(会社更生・民事再生)
秘匿性 私的整理を行う債権者を選べるので、取引先とは取引を継続できる 対象債権者を選べるので、原則として公にならず取引先とは取引を継続できる すべての債権者に公になってしまう
実効性・信頼性 債務者から私的整理を持ちかけても債権者の合意が得にくい 国から認証を受けた専門機関がかかわるので、信頼性が高く、債権者の同意を得やすい 裁判所がかかわるので、信頼性が高く、債権者の同意が得やすい


2.事業再生ADRの実際

事業再生ADRを用いるにあたっては、以下の点に注意が必要です。
 

事業再建計画に対象債権者全員の同意が必要である

 事業再生ADRでは、債務者が再建計画を立てて、これに対象債権者全員の同意がされなければ手続が進まないのです。
 会社更生や民事再生でも、再生計画案に債権者の同意を求めますが、法的整理では、債権者の過半数等で手続は進行するので、債権者全員というわけではありません。
 専門機関が関与しているとはいえ、対象債権者が全員納得する再建計画を立てるのは大きなハードルです。対象債権者同士の意見が一致せず、計画に同意が得られない場合もあるようです。
 

手続費用が高額

 事業再生ADRの手続には、負債の金額に応じて手続費用が変わります。その費用は決して小さくなく、正式申請に至るまででも数百万円に上り、手続が成立した際には、さらに数百万円の報奨金が必要です。
   
 以上の要素のため、事業再生ADRは、債権者が計画に納得するような、資本規模が大きい、大企業向きの再生手続といえます。
 
 
 
 事業再生ADRは、ADR法、産活法に法的根拠を持つ手続です。手続の利用には弁護士への相談をお勧めします。
 


コラム一覧

No. タイトル
New!! 改正特定商取引法が成立・改正点や今後の動向は?
32 企業経営と弁護士
31 中小企業のインターネット問題対策
30 定年退職後の労働条件の定め方
29 マイナンバー制度始動-トラブルに巻き込まれる前に対策を-
28 派遣期間の見直しと労働契約申込みみなし制度-労働者派遣法改正
27 労働法に関するセミナーを開催しました
26 懲戒処分―最高裁の考え方に変化?―
25 個人再生について~借金を減額しても家を残せる方法ってあるの??~
24 生命保険と自殺免責
23 事業再生ADRとは?会社更生手続との違い
22 悪質な自動車事故「厳罰化」法案が成立へ
21 福岡では、倒産事件は減少している!
20 怪我を経て…
19 弁護士特約加入のすすめ
18 企業の破産の原因
17 企業再生の方法
16 企業再生と弁護士
15 新しい明日を切り開く法的手段(企業再生)
14 良い弁護士の選び方(企業再生)
13 会社の再建方法
12 事業再生ADRとは
11 私的整理と法的整理
10 事業再生の現状
9 相談者の声(後遺障害)
8 逸失利益って?
7 交通事故被害を誰に相談するべきか
6 相談をしないと損をする!?(交通事故)
5 新しい明日を切り開く法的手段(交通事故)
4 良い弁護士の選び方(交通事故)
3 交通事故と弁護士
2 交通事故被害者の現状
1 交通事故の現状

新規予約フリーダイヤル0120-043-211余白メールでのお問い合わせはこちら(24時間受付)余白ご相談の流れはこちら西鉄福岡駅(天神)徒歩5分の好立地

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

■HOME
■弁護士紹介
■事務所紹介
■アクセス
■弁護士費用

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談下さい。メールでのご予約はこちら夜間相談オフィシャルブログはこちら公式Facebook弁護士費用はこちら採用ページはこちら

対応エリア福岡県全域対応 事務所所在地

クリックすると地図が拡大されます

福岡交通事故被害者相談所 福岡後遺障害相談所頭部外傷でお悩みの方
高次脳機能障害を弁護士に相談
死亡事故のご遺族の方へ
弁護士にご相談下さい
弁護士法人たくみ法律事務所福岡で顧問弁護士をお探しの方

 
Google+

福岡県弁護士会所属(登録番号29660) 弁護士 宮田卓弥 福岡市中央区渡辺通3丁目6番15号 NMF天神南ビル10階

Copyright©2013弁護士法人たくみ法律事務所All Rights Reserved.