企業の破産の原因

あなたの会社の状況は?

 企業再生を考える企業の状況は以下の3点のどれかにあてはまります。


1.収益の低下

 収益の低下とは売上が減少し、経費がかさんでしまい収支がマイナスに陥っている状態のことを言います。


 そして売上減少の原因は内的なものと外的なものに分かれます。


 内的要因は、自社の経営に対する姿勢やサービスに問題があり、外的要因は景気変動、競合の出現、流行の変化による消費量の減少です。


2.負債の蓄積

 負債の蓄積とは収益の低下が続くと発生してくる事態です。


 正常な経営を圧迫するほど負債が蓄積してしまうとリスクの高い取引でもしてしまいます。


 そして、時として利益につながらない取引をしてしまうことさえあります。※負債が累積していても資金調達ができているうちは倒産とはみなされません。


3.資金繰りの不能

 資金繰りの不能とは言葉の通り、資金繰りができなくなってしまうことです。


 銀行は経営状況が悪い会社には融資することを拒みますので、融資を受けられているうちに経営状況を立て直すことが重要なのです。


倒産状況に陥ったら

 会社が倒産の状況に陥った場合、再生か清算かの選択を強いられます。


 これは非常に難しい判断となりますので、債務状況の整理、経営不振に陥った原因の把握、資金を確保するための交渉など企業再生するためには現状を正しく認識すること、そしてしっかりした計画性を持つことが必要不可欠です。


 この債務の整理、交渉、資金確保のための手続きのほとんどに法的手続きが関わってきます。


まずはご相談ください。

 つまり法律の知識もまた必要になってくるのです。


 法律の専門家である弁護士は全ての手続きが可能です。


 また法律の専門家としての視点で様々な解決法を提案し、会社を健全な状態へ導くことができます。


 相談は無料で承っております。


 まずはお気軽にご相談ください。



法律相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい
企業の法律相談
個人の法律相談